わたしといると、ドキドキする?
緊張しなくても、大丈夫だよ。
キミといて、ドキドキするのは私のほうだから。
いつも甘えさせてほしいよ。
キミと楽しいお話とか、いっぱいしたい。
ちゃんと捕まえてないと、転がっていっちゃうぞ(笑)
甘い言葉も、たまには言って欲しいよ。
特別な時間を、プレゼントしてね。

あなたのお名前は?

大武 理菜(おおたけ あやな)

in the room

大武理菜ちゃんに、お部屋にまつわるインタビューさせていただきました。

よろしくお願いします。

「よろしくお願いします。」

大武理菜

ところで、名前はなんて呼んでほしいですか?大武さん?あやなちゃん?

「あやなちゃんでお願いします。」

初対面でも『あやなちゃん』なんて、呼んじゃっていいんですか?

「はい!大丈夫ですよ。」

じゃあ、遠慮無く、、、(ドキドキ)、、、あやなちゃん。

「(^^)」

あやなちゃんは、普段お部屋ではどんな服装で過ごしてるんですか?

「部屋では着慣れたTシャツにズボンです。可愛さより着心地重視(笑)」

え?じゃあこのかわいい部屋着は?

「それは撮影用に、、、(笑)」

(ガーン)
仮に、付き合ってる彼が泊まりに来たとしたら?

「その時は撮影したときのようなかわいいものを・・・(*^_^*)」

それを聞いて安心しました。じゃあ本当なら、あやなちゃんと付き合えた人しか見れないような姿を、美女応援でお届けできたということですね。

「そうですね。なんだかちょっと恥ずかしいです。」

大武理菜

彼がお部屋に遊びに来たら、どんなことをしたいですか?

「DVD見たり、まったりしたいです。けど1番は、一緒に料理作りたい!」

え、あやなちゃん、料理得意なの?(そうは見えないけど、、笑)

「出来ないですよ(笑)でも、彼に手伝ってもらいながら、共同作業するのがいいんです!」

じゃあ、男性がリードしてくれる方がいいのかな。

「そこは一応、私にリードさせてください(笑)」

何作るんですか?

「一緒にハンバーグ作って食べたいです(^^)」

和気あいあいと作れそうですね。いいなぁ。

大武理菜

あやなちゃんの理想のお部屋って、どんな部屋ですか?

「うーん、大きいクローゼットがあるお部屋がいいです。」

ウォークインクローゼットとか、、洋室丸々クローゼットとか。。

「ウォークインクローゼットで十分満足です。洋室丸々なんて素敵ですけど。」

あやなちゃんのお部屋はどんな部屋なんですか?

「『ピンクのお部屋です』・・・と書いておいてください(笑)」

笑。普通、そういうのって、そのままオンエアーだよ(笑)

「内緒ということで(笑)」

大武理菜

インタビューしてたらあやなちゃんのイメージがちょっと変わりました。もちろんいい意味で(笑)

「よく言われます、もちろん悪い意味で(笑)」

お嬢様なイメージあったけど、全然違いますね。もちろんいい意味で(笑)

「よく言われますが、まったーく違います(笑)」

大武理菜

すごく気さくで、話しやすくて、一緒にいて楽しいタイプかな。彼とも言いたいことはなんでも言い合いたい?

「お互いに言い合える関係がいいです。言われたら機嫌悪くなりそうですが(笑)」

笑。喧嘩したらどっちが折れるんですか?

「彼氏、、、お願いします。でも、私単純だから優しいこと言ってくれたらすぐ許しちゃいますよ。」

ケーキ買ってきてくれたりとか。花とかも好き?

「はい、私の好きなスイーツとか!花束くれる男性がいいです!」

スイーツって何が好きなんですか?

「プリンです。ご飯とか連れて行ってもらってもすぐ機嫌なおりますよ(笑)」

プリンは財布にやさしいですね(笑)

「それだけでテンションあがりますー」

あやなちゃんの笑顔が見れると思うと、男はウキウキしながらプリン買ってきちゃうね。

大武理菜

そろそろインタビューも終盤ですが、何か聞いてほしいこととかありますか?

「なんでも聞いてください!」

お風呂あがりは、ブラジャー着ける派ですか?

「・・・着けないです。開放されちゃいますね(笑)」

女の子でも、素っ裸派とか、ときどきいますよね。

「一応、服は着ます(笑)」

もし一人暮らしする機会があったら試してみてください。楽しいですよ。

「・・・実は、夏はズボン履かないんです(笑)」

笑。さては、まだまだ隠してるな?

「へへへ、そこらへんは家族だけが知ってます(笑)」

すごいカワイイのに、なんだか等身大な感じで、ますます惚れちゃいます!

大武理菜

最後に、インタビューを読んでくれた方に、メッセージをお願いします。

「私の素の一面を見せてしまいましたが、、これからも応援よろしくお願いします。」

大武理菜ちゃん、ありがとうございます。

大武理菜

あやなちゃんに応援してもらう

大武理菜blog

大武理菜Twitter